FC2ブログ
ムゲンノサル~小説・二次創作 ホーム » スポンサー広告 » STAR DRIVER 輝きのタクト TidbiT » 第04話 10歳のわたしに STAR DRIVER 輝きのタクト TidbiT


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


第04話 10歳のわたしに STAR DRIVER 輝きのタクト TidbiT

STAR DRIVER<スタードライバー>輝きのタクト 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray]STAR DRIVER<スタードライバー>輝きのタクト 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/04/06)
宮野真守、早見沙織 他

商品詳細を見る


STAR DRIVER 輝きのタクト 二次創作

 以下の作品は、「STAR DRIVER 輝きのタクト」の二次創作作品です。公式作品とは一切関係ございませんので、その点をご承知置きの上、お読みいただければ幸いです。

STAR DRIVER 輝きのタクト TidbiT 第04話 10歳のわたしに



 誰かに聞いて欲しいけれど、誰にも知られたくない。そんな、いまのわたしの気持ちを言葉に残すにはどうすればよいか、本当によく考えた。いつもお腹を空かしているイメージが蔓延している気がしなくもない今日この頃だけど、たまにはわたしだって考えるんだからねっ!(って、誰に怒っているんだろう?)

 そう、とにかくよく考えた結果、昔の自分に手紙を出せばいいんだって、気づいたんだ。未来の自分は、いま悩んでいることなんてとっくに解決済だろうし、ただ日記に書くのは何か違う気がする。わたしは記録がしたいんじゃない、誰かに聞いて欲しいんだ。
 だから、あなたに手紙を書きます。10歳のわたしに。まだ何も知らず、毎日がただ楽しいだけだった頃のわたしに。


 わたしにはいま、好きな男の子がいます。
 15歳なんだから当たり前だろう、って?そうなんだけど、それだけじゃなくて、その好きな男の子というのは2人いるの。

 今度は、気が多すぎる、一人にしておきなさい、って声が聞こえてきそうな気もするんだけど、これにはちゃんとした理由があります。これからそれを説明するね。


 二人の男の子のうち一人は、あなたも知っています。今もあなたの側にずっといるでしょう?シンドウ・スガタくん。これは、当たり前すぎたかな?
 あなたの知っているスガタくんは、いつもよく笑う、一緒にいて楽しい男の子だと思うけれど、そんなスガタくんは、もうすぐ少し変わってしまうんだ。シンドウ家のスガタの名を継ぐ者の役割を知り、そして悲しいことだけれど、わたしの秘密を知ってしまうことが、その原因なの。

 あなたにはいま、ひとつの夢があるよね。南十字島を出て東京に行き、歌手になるという大きな夢が。そのために毎日、ケイトと一緒にアイドルのまねをして練習しているのも知っているよ。
 でも、ケイトはいつの間にか、わたしたちの前では歌わない様になるし、わたしもその夢をあきらめなければならなくなる…。そう、あきらめたくないけど、あきらめなくちゃならなくなるんだ。

 わたしは絶対にあきらめたりしない、って、きっとあなたなら言うよね。うん、わたしもそう思っていた。でも、もうすぐあなたは、あなた自身と、この島に隠された秘密を否応なく知ることになってしまう。そして、う~んと悩んだ上で、それを受け入れる覚悟を決めることになるんだ。
 どうしてそんなことが分かるかって?分かるよ、だってわたしのことだもん。あなたも、う~んと悩んだ上で、誰かの笑顔を守るために、自分の夢を我慢する気持ちになるんだよ。

 このときの決断を後悔したことは、今までに一度もない。けど、わたしがひとつだけ後悔していることは、スガタくんを巻き込んでしまったことなんだ。

 スガタくんにもシンドウ家にまつわる運命はあった。そしてそれを知った自分の誕生日以来、あの人は自分の誕生日を祝わなくなった。そして、いつもひと振りのナイフをいつも忍ばせるようになった。
 わたしは、それをずっと、もしもの時に、あの人が自分の命を断つために持っているんだと思っていた。だから、そんなあの人を怖いとも思っていた。だって、もしスガタくんがその決断をしてしまったら、スガタくんがこの世からいなくなってしまうんだよ。そんな世界に生きていても、きっとわたしは二度と笑えないと思う。

 でもそうじゃなかった。あの人はそんなことのために、あのナイフを持っていたんじゃなかったんだ。そばにいるわたしを護るために、わたしが抱える秘密のため狙われるかもしれないわたしを護るために、ずっとナイフを持ったまま、スガタくんはずっとわたしのそばにいてくれたんだ。

 そのことを知った時は、とってもうれしかった。だってスガタくんは、死んで運命から逃れるためではなく、生きてわたしを護るためにナイフを持っていたんだって分かったから。死んでしまったらおしまい。生きていればこそ、いつか一緒に笑える時も来る。
 でも、同時にとても悲しかった。わたしを護るためなんかにナイフを持ち、わたしの側にずっといなければいけないなんて。それじゃスガタくんの人生は、一体何のためにあるというの?スガタくんにそんな決断をさせたわたし自身の運命が、とても呪わしかったのを覚えている。

 だからわたしはスガタくんに、昔のように笑えるようになって欲しかった。わたしの運命に囚われなくてもいい。自分だけの人生を生きられるようになって欲しかった。そのために、毎年、あの人の誕生日にはプレゼントを贈ったし、他にも色んな事をしてみた。
 でも、スガタくんの決断を変えることは、わたしにはできなかったんだ。

STAR DRIVER<スタードライバー>輝きのタクト 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]STAR DRIVER<スタードライバー>輝きのタクト 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/02/23)
宮野真守、早見沙織 他

商品詳細を見る


 そんなとき、一人の男の子が島へ渡って来たの。それがツナシ・タクトくん。いまのわたしが大好きな、もうひとりの男の子。
 タクトくんと出会ったのは、スガタくんと一緒にいた夜の砂浜だったの。海でおぼれて、浜に打ち上げられていたんだ。あとで聞いたら、フェリーに乗り遅れたから泳いで来たんだって。
 ホント、はじめはあきれちゃったな。翌朝のフェリーでも十分に間に合うのに、無理矢理夜の海を泳いでおぼれちゃうんだから。

 そんなタクトくんと本当に仲良くなれたのは、やっぱり、タクトくんもわたしたちと同じ運命を背負っていたからなんだと思う。そして、出会ったばかりのわたしを護るために、自分から危険な場所に飛び込んで来てくれたからじゃないのかな。
 やっぱり女の子は、自分を一番に護ってくれる王子さまを好きになっちゃうんだよ。

 でも、それだけだったら、タクトくんへの想いが、スガタくんへの想いに並ぶことはなかったんじゃないかと思う。やっぱり決定的にタクトくんへ魅かれていったのは、タクトくんがスガタくんをどんどん変えていったから、じゃないかな?

 いつも元気印のタクトくんは、わたしじゃ、どうやっても変えられなかった、スガタくんの心を変えてくれた。自分の誕生日を呪う様な生き方をしていたスガタくんに、真正面からぶつかって、閉じていたスガタくんの心の扉をこじ開けてくれた。
 わたしがスガタくんの本当の想いに気づけたのも、タクトくんのおかげ。タクトくんがスガタくんの想いを言葉で伝えてくれたから、わたしはスガタくんが隠していた本当のスガタくんに気づけたんだと思う。それがなかったら、いまでも腫れ物に触るような気持ちで、スガタくんに接していたかもしれない。それは本当に悲しいことだよ。


 もし、タクトくんと出会わなかったら、わたしはどうなっていただろう。最近、そんなことをよく考えるの。

 そのときはきっと、高校を卒業したら、昔からのしきたりに従って、そのままスガタくんと結婚していたんじゃないかな?スガタくんはずっとわたしに優しくしてくれるだろうし、ジャガーやタイガーとも上手くやっていけると思う。それはとても幸せなことで…。
 でも、ふとした時に、スガタくんの隠している何かについて考えて少し怖くなったり、夢をあきらめてしまったことをいつか後悔して泣いてしまうこともあったかもしれない。

 だけど、タクトくんと出会ったいまは、そんなことは考えられないんだ。わたしでも、スガタくんでも、どこかに悲しい顔をしている人がいれば、タクトくんはすぐに飛んで来て、そのいっぱいの元気印で、わたしたちを笑顔にしてくれるのだから。わたしたちにはもう、泣いている暇なんてないんだよ。

 タクトくんと出会ってしまったわたしには、もう昔のように分かりやすく単純なしあわせは思い描けなくなってしまった。だって、タクトくんはわたしに、無限の可能性に輝く未来を見せてくれたのだから。
 その未来に向かって進む限り、辛いことだっていっぱいあるに決まっているし、悩むことだってたくさんある。現に、いまのわたしは、スガタくんとタクトくんの間で、引き裂かれそうな想いを抱えているんだし、ね。

 もしかするとこれからも、タクトくんに出会わなかった方が幸せだったのかも…、と思う時があるかもしれない。でもそのあとにはすぐに、やっぱりタクトくんに出会ってよかったなあ、と思うに決まっているんだ。
 だからわたしは、いまのわたしを後悔していません。


 これからあなたにも、ホントに、ほんとうに、嫌な辛い出来事がいっぱい立ちふさがって来ると思う。でも、歯を食いしばってそれを乗り越えれば、夜見上げる満天の星空のように、輝かしい未来が絶対に待ち構えています。それだけは、わたしが保証します。だからあなたもあきらめないで、前を向き続けて。

 これでわたしからの短い手紙はおしまい。あなたはあなたの悔いのないように、精一杯、自分の人生を歩んで来て欲しい。それよりほんの少しだけ先の未来で、わたしはわたしの遥かな未来を歩んでいきます。
 それではまた、どこかでお会いしましょう。

15歳のアゲマキ・ワコより

10歳のわたしに
<了>


STAR DRIVER<スタードライバー>輝きのタクト 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]STAR DRIVER<スタードライバー>輝きのタクト 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/01/26)
宮野真守、早見沙織 他

商品詳細を見る


第01話 サブキャラだって恋をする

第02話 メイドさんは見た?

第03話 揺れる鼎

STAR DRIVER 輝きのタクト TidbiT カテゴリ記事一覧
関連記事






にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://mugensaru.blog15.fc2.com/tb.php/17-a6def997

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。